ネックスフィルム株式会社 社説・特報

お問い合わせ

Nexfil社各種ガラスフィルム ロール・オーダーカット・数量値引き販売

ネックスフィルム株式会社 社報・特報

ネックスフィルム株式会社 社報・特報 No.1 
基本路線・オーダーカット


1.基本路線:問屋制度をぶっ壊せ


弊社ネックスフィルム株式会社は小資本です、 大会社の真似事はできません.。
多品種ウィンドウフィルムの常時大量在庫の維持は不可能です。
今までは、『フィルムメーカー的スタイルで』、フィルム施工店様頼みにして参りました。
会社設立の意図『問屋制度をぶっ壊せ』とは、真逆の ダウンフロー Down Flow でした。

言い換えれば、”ガラスフィルム代理店”は ”問屋”であり、”施工店”は”お店”です。

 

代理店や施工店が、カタログやサンプルブックを見せて販売する時代はもう終わりました。
ユーザーは、 Webで調べ、賢い選択をされる時代になって来たからです。
代理店や施工店は、自分が関与できるメーカーのものしか、施工できません。
顧客のニーズに合った、より良い製品とサービスが提供されてしかるべきです。


フィルムの進化は急速です、国産品より優れた窓フィルムが世界に存在し、且つ安価です。
特にNexfil社は、他社の追従を許さないNewTypeフィルムを次々と開発しています。

弊社は、問屋制度をぶっ壊して、良いフィルムを安価にお届けしたいのです。


2.オーダーカットフィルムを自分で貼れば、コストは1/3以下

 

ユーザーの皆さんは:

1)オーダーカットしたフィルムを買って自分で貼る(コストは1/3以下)

2)施工業者に、貼付を依頼し、相応の人件費を支払う

上記のどちらかを選ぶことになります。

今までは、2)が殆どでした。


日本人の悪癖(敢えてそう申し上げます)として、人件費はサービスと考える傾向があります。
このため、施工業者は、フィルムの仕入れ代金を高く見せかける必要がありました

然し、時代は急速に変化し続けています。
折しも、”スマホ”で、機器代金と通信料の分離が進みつつあります。

ガラスフィルムも、”材料費”と”工事費”を分離し、適正であるべきです。

このほど弊社は、フィルム代金を、適正に表示することにしました。
自分で貼れるオーダーカットフィルムを、適正価格で販売したいからです。


一方、相次ぐ台風及び地震で、ガラス割れが多発しています。
公共建物、各種施設、大型店舗等でも、ウィンドウフィルムを貼って、割れたガラスで怪我をしない対策を急がなければなりません。
・施工を適正にできる施工業者の数が不足しています
・施工を依頼する際は、適切で充分な”人件費”を支払うべきと考えます

尚、飛散防止フィルム(JIS基準)は、紫外線を97%以上カットしますが、日射熱遮断効果は5%以下です。

一方、日射調整フィルムは、省エネ効果に加え、飛散防止を兼ねます。
材工分離が進んで、日射調整フィルムのコストが正当に認知されて然るべきと考えます。
飛散防止一辺倒であった慣習から抜け出して、省エネを加味したトータルメリットに、税金が使われることを切に望みます。

 

更新ページ タイトル
(2018年12月8日記) 3.輸入代行・共同輸入システム スタート
(2018年12月9日記) 4.インターネット直接販売開始
ネックスフィルム株式会社防犯フィルム UVカット防災フィルム 貫通防止フィルム
低価格遮熱フィルム コスト性能最高レベル省エネ節電フィルム Nexfilの外貼り用フィルムは実績大
ホワイト視線カットフィルム 防曇フィルム各種 凹凸ガラス用製造発売元はサイバーレップス
ブルーライトカットで世界が注目 PC/TV用ブルーライトカットパネルが超人気 世界最高レベルのU4サンバイザー、UVチェッカー
本州内全品送料無料直販ショップ Nexfil社は、数年以内に品揃え生産量で世界一の
オーダーカットは兄弟会社サイバーレップスに委託

ガラス面のサイズに合わせて
縦x横 mm単位でカットします。
フィルムのサイズは、周囲2mmづつ空けるため、4mmマイナスでカットします。
オーダーカット作業は、株式会社サイバーレップスに委託しています。


ロール幅で、必要長さを、cm単位でカットしてお届けします。
殆どの場合、歩止まりとカット手間を考えると、オーダーカットの方がお得です。
特に1524mm幅は、配送料高騰分を吸収できません。

輸入元直販です:
・U4他最新のフィルム
・汎用品在庫豊富

・安価です

施工業者様歓迎

材工分離をお考えのビッグユーザー様にもお勧めです。

ご案内

ページのトップへ戻る